まだまだ少ないスカルプができる人材☆爪の長さ出し

おはようございます!大西です。

今日はアクリルスカルプチュアの授業について書いていこうと思います。

★アクリルスカルプチュアとは、ジェルとは違うアクリルの素材を使って長さを出し、美しい爪を造形する技術なんです

 

ジェルなどの全ての授業を終え、さらなる上級コースへ進級された生徒のHさん。
三重県から引越をし、神戸でサロンを開業する予定です。

 

ジェルネイルだけのメニューではなく、スカルプを得意とするサロンを目指しています。

 

今日の授業では、爪先はナチュラルパウダー

ネイルベッド(爪の一番面積が大きい部分)はクリアパウダーで

作成してもらいました(^^)/

 

爪の場所により、使用するパウダーを変えています。

今回は先端がとがっている爪の形【ポイント】で作成してもらいました(#^.^#)

 

この生徒さんは、削る時の指の支え方、ファイルの使い方がとても上手なんです♪

 

 

ポイントといってもとんがり過ぎないようにするのがポイントです
(ちょっとダジャレ💦)

 

シャープで少し丸みがある方が女性らしいくキレイでカワイイ印象に見えますね☆

そうなんです!
サイドをシャ―ップに仕上げることで、爪先全体がすっきりと見え、爪が長くキレイに見えるんですよ♪

 

 

少し気泡が気になりますが、形はとてもきれいに仕上がりましたね♪

ジェル専門店はどんどん増えていますが、まだまだアクリルのスカルプができるサロンは少なく
差別化になると言われている技術です。

他校からの編入生や、スカルプだけを習いたいという方には、その方のご要望にあわせたオリジナルのコースをご提案させていただいてます。

自分が習いたい技術だけ習えるなんて、授業料も割引してもらえるからウレシイです♪

ご希望の方は お問い合わせフォーム内にあなたの習いたい技術などのご要望を入力していただき【オリジナルコース希望】とお知らせください。
 

 
お問い合わせをいただいた後、説明会などでご要望をお聞きし、生徒さんお一人お一人に合わせたカリキュラムをご提案させていただきます。

大西でした。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。